住宅ローンの返済が困難になったら借り換え検討|最終手段は任意売却

つみきの家

返済が困難になった理由

住宅模型

住宅ローンの返済に困ると競売になると思っている人もいますが、その前に任意売却を検討するようにしましょう。その際は、弁護士など手続きを行ってくれるところへ相談に行くようにします。

詳細を読む

返済が難しい時

住宅ローンの借り換えに関する最新情報をこちらでは記載しています。よりお得なマネープランをたてていきましょう。

多くの人が抱えるトラブルである住宅ローンの滞納対策を把握したいと思っているなら、こちらのマニュアルをチェックするといいでしょう。

住宅ローンを組んでいると、人によっては返済が難しくなるときがあります。その場合は、不動産担保ローンであれば担保対象となっていた不動産を任意売却することができます。任意売却の場合は、金融機関と返済が困難になった人間の間に不動産会社などが仲介として入ります。そうすることで、任意売却の対象となる不動産を競売するのではなくて納得できる金額で売却できるシステムになります。ですので、任意売却の場合は売却対象の不動産を所有している人間からするとメリットが沢山あります。まず、売却することで得たお金を住宅ローンの返済に当てることができます。それに、もし売却した金額が返済額以上であれば、手元にお金が戻ってきますので自分のお金として利用できます。しかし、住宅ローンの返済額に届かなくて残りの金額をすぐに用意できない場合は売却することが不可能になります。この場合は、住宅ローンでも不動産担保ローンであれば担保対象の不動産を競売してもらうことになります。担保対象が無い場合は、抵当権がありますので他人が不動産を購入しても返済するのは自分自身になります。ですので、自分から手放した不動産なのだから支払うことが無くなるというのが無いので、任意売却するにしてもしっかりと理解した上で手続きを進めて下さい。

任意売却以外にも、他の方法として住宅ローンの借り換えを行なう方法があります。これは、現在の金利より安い金融商品へ借り換えを行なう方法です。そうすると、元金残高の目減りも早くなり利息を多く払わなくて済みます。ただし、借り換えを行なう場合は、現在のローン残高や残り期間、金利差がある程度条件が揃っていないとメリットはないため、金融機関と相談するようにしましょう。

所有者のメリット

家の模型

任意売却は競売とは違い、不動産の売却額を所有者がある程度決めることができます。この場合は、近隣不動産の相場や築年数などを見て決めるようにしましょう。あまり高値をつけると、買い手がみつかりにくくなります。

詳細を読む

気をつける点

マンション

所有している不動産価格が、購入時より高くなっているとローン残高を上回る価格をつけることができます。そうなると売買利益を得ることはできますが、逆のパターンもあるため、その時の対応方法も検討していきましょう。

詳細を読む